FC2ブログ
月1ぐらいで更新できればなと思ってます
http://to-a.ru/oNvjgg/img1 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE

Ameba「ある日のメモ帳」へ行く

コメントは随時受付中です。

※記事内容にそぐわない内容や不適切と思われる内容のコメント等は、削除させていただく場合があります。

掲載画像を転載される場合、必ず、メールフォームより管理人にご一報ください。

Twitterやってます→

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Baidu IME_2012-4-11_1-54-25
そろそろこのネタも尽きてきたかと思われる方もいるとは思いますが、最近になってタイトルのラインナップが絶賛増殖中のkinectを購入したので紹介していきたいかと思います。前々からkinectは気になってはいたのですが、定価14600円と私の所持している箱丸本体の購入価格以上を注ぎ込むのは如何なものかと、あまり手を出したくないデバイスだったのですが。日頃の運動不足から生活習慣病のリスクが高まりつつある私の運動手段として何か手を打たねばと考えた結果購入という運びに...

早速、行けつけのamazon.co.jpでググってみると定価の約3分の2の10800円で売られていたという事実が発覚

てなわけで、浮いた金でスピーカーなどを購入
P1080872.jpg
1800円

意外とこれが価格の割に高音質だったりする件
ウーハーの有無でこんなにも世界観が変わるとはw
P1080907.jpg
P1080909.jpg

でもって、1ケ月使ってみた
最近、メタボ気味なので適度な運動というわけで同封のキネクトアドベンチャーを飽きる程プレイ
個人的には、障害物避けるヤツみたいのが一番運動になるかとw
というより、プレイ開始後慣れるまでの一週間程度はどれやっても運動になります。体がついていかないので(笑)
 でも、慣れてしまうと幾らでも攻略できてしまうので本格的に運動したいという人は「ユアシェイプ フィットネス・エボルブ」あたりが効果あるかな


※総評※
センサー本体
・感度は感動もの、WIIが売れなくなる理由もわかる気がするという所
kinect>PSmove>>Wii
てな感じw
・想像以上に自分が動いていることが実感できる
・希望を言ってしまえば後方にもセンサーをつけて360度の視点で認識できるようになるといいかもw
・テレビ台によっては取付が困難な例も
・40インチ以上を推奨
ソフト
・同封のキネクトアドベンチャーは、ほぼキネクトでの基本操作のチェックと練習的な内容を網羅している
・ある程度の広さと近所への配慮が要(特に集合住宅とかで上下左右に住民がいる場合)
・省スペースであまりジャンプとかがないソフトもある
・SFを出せばバカ売れ確実
・それでもすべてのタイトルをキネクト化するわけにはいかない

まぁ、迷ってる方は買って損はないので買いましょう 
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
このブログはにほんブログ村に登録されています。更新内容充実のため1日1クリックお願いします。
スポンサーサイト
3DSが成功か失敗かと言われれば、次機種での改善を望みたいところですが
3D非搭載のpsvitaの方が私的には期待してるんですよw
SCEは今年のクリスマス商戦を狙っているようなので、E3(一般非公開)と東京ゲームショウ辺りに出品されそうですね 

現地時間の6月6日、ロサンゼルスにおいてソニー・コンピュータエンタテインメント アメリカはプレスカンファレンスを開催。今年1月に実施された「PlayStation Meeting 2011」で発表された次世代ポータブルゲーム機「Next Generation Portable(NGP)」の正式名を「PlayStation Vita(PS Vita)」であると発表した。

 「PS Vita」は、Wi-Fiモデルと、モバイルネットワーク通信機能に対応した3G/Wi-Fiモデルを用意。価格はWi-Fiモデルが2万4980円(249USドル/249ユーロ)、3G/Wi-Fi対応モデルが2万9980円(299USドル/299ユーロ)。2011年末から順次発売される。

 Vitaは“Life”という意味。5インチの有機ELタッチパネルを搭載。アナログスティックを左右に配し、背面にもタッチパッドを搭載している。3G通信と無線LAN、GPSをサポート。デュアルカメラ、6軸モーションセンサーおよび3軸の電子コンパスを搭載している。なお、アメリカでは通信会社のAT&Tと独占で提携し、ホットスポットなどを提供するとしている。


psvista? ←なんだか動きが重そうで失敗しそうな雰囲気でなぜか響きが悪いですねですね(笑)

psvitaですよ!!!

しかしまぁ、聞くからにはSCEもDVDの技術を小型化させたUMDをやめてソフトをフラッシュメモリ方式にするとはゲーム開始やロード時間が解消されたり、メディアインストールが不要になったりと使う方としてはいい事ばかりですねw



12月発売らしいです

それに加えて、同時?に発売されるのがPSphone↓

ファミ通にはNGPとの差別化を図ると書かれていたものの、個人的には差別化したら、買うメリットは何?と考えてしまう

今やスマフォは薄型化にも力いれてるのにwww

コレ↓みたいにならないといい(ry


えっ!?PSPGOが失敗作って誰が言いました?

そういや、PSPGOのISO解禁してから
人気が高まってるみたいですよ
(会社としては、勿論、例の事件でダウンロードサービスの評判は落ちるは改造の無法地帯だったりと...大失敗ですが)


別に改造ISOのpspにはUMD要りませんからね


てなわけでこのブログ中にも「PSPGO買いますたー(改造目的でw)」とかいう記事が載るかもしれません

アニメ・ゲーム情報の記事を掲載するバル沙☆巫女研究所「ある日のメモ帳」はこちらから
何気、昨日3dsが任天堂から一般向けに発売されたようですね

思ったよりもニュースで取り上げまくったようではないようですがヨドバシakibaでは、当日販売分の2000台が、1時間で売れたとか

後々、俺のほうも近くの家電量販店なりで体験してこようかと思います

しかしながら、以前ファミ通に載ってた馬場 彰氏の講評などからすると発売には賛否両論のようで、Yahoo知恵袋辺りを見てても、「4歳の娘が誕生日に3dsを欲しがっています~」という内容の質問があり俺的には、裸眼3d表示は6歳以上向けだろうよなどと考えてしまいます

リッジレーサーやレイトン教授、nintendog+catなどの人気作を初回ラインナップに入れた任天堂ですが、ソニーと違い任天堂の考え方は、ライトユーザーや多年齢層にも親しめるようなある意味でのユニバーサルデザイン的な考え方なので裸眼3dの年齢制限などにおいてそのコンセプトはどこへ行ったのだろうか

東芝で裸眼3dテレビを発売したばかりのまだ裸眼3d技術がまだまだ発展途上状態での3ds発売となったものの
元から原価割れでも良質な商品を消費者に提供する余裕のあるソニーと違い任天堂は原価に対して発売価格が高い設定なので、3dsの原価はどんなものなのだろうか

今年の12月にはSIMカードスロットを搭載し更に携帯ゲーム機では初となるandroidを採用したpspの代替機であるNGPが発売されることが分かっている

3dを採用せず、マルチメディア端末としてのpc、ps3との連携、多くのネットワークニーズに応え、操作性を重視したNGPと世の中に3dの風潮を巻き起こすものになる3dsが今後どのような展開を見せるのかが楽しみである
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。